名刺作成におけるポイントを紹介・デザインと実用性を考える

名刺

お洒落な名刺を作成しよう

名刺はその人を表す物と言われるほど、名刺の持ち主を表します。小さな紙切れですが、そこに自分の名前や連絡先などの大切な個人情報が記載されています。そこで、初対面の人にでも自分を100%表せるように、可愛く自分らしい名刺を作成することで、貰った人からもセンスの良い人と思われてイメージがアップします。
お洒落な名刺や凝った名刺を作成するのは面倒くさい、難しそうと思いますが、最近では名刺作成の無料ソフトや無理アプリが沢山あります。シンプルなデザインだけでなく、凝ったお洒落なデザインも豊富にあります。沢山のデザインの中から、自分の気に入ったデザインのテンプレートを選んで名刺を作成します。沢山のデザインから選ぶことができる為、ありきたりなデザインだけでなく、お洒落で凝ったデザインも豊富です。
デザインだけでなく、名刺の形や名刺の紙質にもこだわることで更にセンスの良いお洒落な名刺を作成することができます。人とは違うお洒落な名刺を貰うと、こだわりのあるお洒落な人だと思い、一目置かれます。
仕事関係だけでなく、プライベート用の名刺を作成して、プライベートで出会う人や友達同士で名刺を交換することで、スムーズに連絡先を交換できると同時に、自分らしさを知ってもらうきっかけにもなります。

名刺作成は情報の詰め込みすぎに注意

ビジネスのみならずプライベートでも欠かすことのできない名刺。名刺はその人の顔とも言えるほど相手に与える印象も大きなものです。
名刺には様々な情報が記載されています。氏名はもちろん会社名、部署、住所、電話番号、メールアドレス、最近はTwitterのユーザー名を載せる方も多くなっています。自分の事を相手に伝えるためにできれば色々な情報を載せたいところですが、気をつけなければなりません。びっちり情報が書かれている名刺は非常に見づらく、どれが重要な情報であるのかが解らないからです。
名刺作成をする際には、情報の詰め込みすぎに注意が必要です。ぱっと見ても相手に解ってもらえる、そんな名刺作成をしなくてはなりません。そのためにも、名刺に何を載せたいのか優先順位を付け、詰め込みすぎないように絞り込むことが必要です。もし載せたい情報がどうしても多くて名刺が見づらくなってしまうという時は、QRコードを活用したり、名刺の表面だけでなく裏面も利用することでスッキリとした名刺を作ることができます。
名刺を渡した相手の人に「もっとこの人の事を知りたい」「もっとこの会社の事を知りたい」などと思ってもらえるような名刺作成が一番理想です。

名刺作成は読みやすいレイアウトで

名刺作成をする際、できるだけ相手に覚えてもらえるように、オリジナリティのあるものを作成したいと思われる方も多いかもしれません。しかし一般的に名刺はあらゆる場所、あらゆる人に渡す可能性があるものです。独特で奇抜なものは一部の人には受けるかもしれませんが、それが万人受けするかどうかは解りません。特にビジネスで使用する場合、オリジナリティ溢れるものよりも万人受けするような名刺を作ることが重要となってきます。
レイアウトについても同じことが言えます。独特なレイアウトを行うのではなく、誰が読んでも解りやすいレイアウトにする必要があります。そのためにもまず適度に余白を入れることが重要です。余白をしっかりと入れると、名刺に記載されている内容がすっきりとまとまります。名刺に情報をたっぷり載せて余白がほとんどないものよりも、シンプルな情報でも余白をしっかりと取っていたほうが、見た目の印象もとてもよくなります。
そして色使いにも注意が必要です。色は相手に与える印象も大きいですが、例えば文字に色をつける場合は見やすいかどうか確認が必要です。色によっては何が書いてあるのか見づらいこともあるからです。名刺をもらう相手の事を考えてデザインをする事が作成では必要です。

update contents

名刺作成はどのような業者に依頼するか

名刺作成を行う業者は数多くありますが、その中から業者を選ぶ際にはどのような点に気をつけたら良いでしょうか。一つは料金の安さです。仕事で名刺を使う方…

more

業者なら定型パターン以外の名刺作成も可能

業者を利用して名刺作成する場合、名刺のパターンをいくつかの中から選べるケースがあります。作成できる名刺のパターンは、コスト重視のオーソドックスな名刺から品…

more

名刺作成会社のアフターサポートについて

本社移転、あるいは異動による部署や勤務地の変更で大きな影響があるのは名刺です。もしもこれらの事態に直面したなら、すみやかに名刺の内容を変更しなければいけな…

more

名刺作成は文字にも気をつけるべし

名刺は自分や会社を売り込み、ビジネスチャンスを呼び込むための必須ツールとも言えるアイテムです。特に印象に残すため、いまや多くの会社や個人事業主といった方が…

more

menu